文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
佐賀県杵島郡白石町大字福吉2070-2
2022.07.04

JSCRS学術総会に参加しました

こんにちは! 三根正です。
三根眼科インスタにも記載しましたが、6月24~26日に国立京都国際会館で行われたJSCRS(日本白内障屈折矯正手術)学術総会に参加し、発表も行いました!

私の発表が24日朝だったため、23日夜に新幹線で京都へ向かいました。
2020年1月の日本眼科手術学会(東京)に参加した後にコロナ禍となったため、九州から外に出るのが、実に2年半ぶりでした。
新幹線に乗っているあいだも、これまでの日常の変化など、不思議な感覚を感じました。
発表内容は「眼内レンズ強膜内固定術の術後成績の検討」についてです。
白内障の難症例手術では、通常の眼内レンズ挿入ができない場合、大きな病院等で追加手術が必要となる場合があります。なかでも強膜内固定術は新しい方法ですが、小さな傷で安定した手術が可能なため、最近5年間程で急速に普及してきました。
私も大学病院勤務時に、緊急紹介の患者様も多く担当し、強膜内固定術を最も専門としていたため、術後成績や合併症のリスクについてまとめて、発表を行いました。
全国の先生から他の施設での状況なども知る事ができ、非常に有意義な時間でした。
2022年4月より三根眼科医院専属となったため、当院でも必要な機械を揃えて、強膜内固定術など、より多くの疾患に対応できる体制を整えました。

なるべく白石で眼の治療・手術を行えるように、今後もスタッフ一同で協力して奮闘してまいりたいと思っています。
眼の手術などに関して気になる方は、いつでもご相談ください。